ミカエリソウノメイガ
Pronomis delicatalis (South, 1901)

前翅長:10-12mm
寄主植物:ミカエリソウ,テンニンソウ
成虫確認月:5,6,8,9月(鳥取県)
分布:本州,四国,九州

見た目はヒメトガリノメイガなどAnaniaに似るが、地色は淡黄色で、横線は橙黄色。♂の中脛節は肥大する。 ホストはミカエリソウおよびテンニンソウが知られているが、鳥取県ではミカエリソウなんて滅多に生えてるものじゃないのでテンニンソウをメインのホストにしていると思われる。 鳥取県では山地でやや普通に見られる。


♂成虫.(鳥取県産 2016年9月羽化)


♀成虫.(鳥取県産 2016年9月羽化)


テンニンソウに産み付けられた卵.(鳥取県産 2016年9月)


若齢幼虫.(鳥取県産 2016年9月)


中齢幼虫.(鳥取県産 2016年9月)


終齢幼虫.(鳥取県産 2016年9月)


前蛹.(鳥取県産 2016年9月)


参考文献
  • 山中浩・佐々木明夫,2013.ノメイガ亜科.那須義次・広渡俊哉・岸田泰則(編),2013.日本産蛾類標準図鑑 4:415-478.学研教育出版,東京.

Last update: 2017/1/3
Back
Top