ヒゲナガガ科 Adelidae



コンオビヒゲナガの♂

 ヒゲナガガ科に属する蛾は、名前の通り♂が非常に長い触角を持ち、長いものでは前翅長の3倍を超えるものもあります。 成虫は昼行性で、金属光沢の美しい翅を持つ種類が多く、魅力的な小蛾類のグループです。日本からは40種近くが知られています。



ワカヤマヒゲナガ?の♂の群飛

 ヒゲナガガ科の大部分の種では、複数の♂が集まり蚊柱のような群飛(スウォーム)を形成します。 群飛は種類によって決まった時間帯・決まった植物上・決まった気象条件の下で形成され、これに♀が飛び込んで行って交尾が成立すると考えられていますが、 実際に観察された例は少なく、詳細はよく分かっていません。

 幼生期もユニークで、例としてゴマフヒゲナガ N. raddei では、卵は寄主植物(ヤナギ科)の組織内に産み込まれ、 1齢幼虫は寄主植物の組織を食べますが、2齢以降は植物体を離れポータブルケース(いわゆるミノムシ)を作り、 枯葉などの腐植質を食べて成長を完了することが知られています(黒子,1961)。 しかし生活史の分かっている種類は少なく、これまで数種が報告されているに過ぎません。


参考文献
  • 広渡俊哉,2013.ヒゲナガガ科.広渡俊哉・那須義次・坂巻祥孝・岸田泰則(編),2013.日本産蛾類標準図鑑 3:102-110.学研教育出版,東京.
  • 保田淑郎・広渡俊哉・石井実(編),1998.小蛾類の生物学.文教出版,大阪.
  • 黒子浩,1961.ゴマフヒゲナガの生活史.九州大學農學部學藝雜誌 18(4),323-334,1961-07.

Last update: 2017/1/3
Back
Top